葉酸 食品 妊娠中

MENU

葉酸が多く含まれる食品は?妊娠中に葉酸は1日400μg必要!

葉酸は妊娠中・授乳中に400μg必要と言われています。胎児の正常な発育に不可欠な栄養素なので、妊活中の人、妊娠中の人は特に意識して摂る必要があります。

 

ただ、妊娠中や授乳中の女性は、食事だけでは必要量の400μgを毎日補うのはなかなか大変。

 

そのため、婦人科では妊活中の女性に葉酸サプリを勧めたり
、国では母子手帳を発行するときに葉酸の必要性を伝えるようにしていたりと
葉酸摂取が積極的にできるように働きかけられています。

 

葉酸サプリを飲むのが手っ取り早いですが、普段の食事でも葉酸を摂取しているので、
普段の食事+足りない分を葉酸サプリで補うというのもいいと思いますよ。

葉酸摂取には緑黄色野菜がおすすめ!

葉酸は、名前に葉とつくだけあった、緑黄色野菜に多く含まれています。
ホウレンソウやクレソンや菜の花、ブロッコリーなど緑の野菜は葉酸がたくさん含まれているのでおすすめです。その他、卵の卵黄や、海苔、わかめ、などの海藻系も葉酸を多く含みます。

 

・ほうれん草(茹)100g…葉酸110μg
・ブロッコリー(茹)100g…葉酸120μg
・菜の花(茹)100g…葉酸190μg
・焼きのり10g…葉酸190μg
・わかめ10g…葉酸44μg

 

また、鶏レバー、牛レバー、豚レバーなどのレバーには緑黄色野菜以上に葉酸が多く含まれていて、
レバーは妊娠中・授乳中に葉酸とともに不足しがちな鉄分も補ってくれるので、
妊娠中・授乳中の心強いサポーターになってくれるでしょう。

 

同じくウナギやうににも葉酸はたくさん含まれています。
ただ、レバーやウナギ、うにってそんな頻繁に食べるものではないですよね(>_<)

 

葉酸を多く含む食品を積極的に摂ることで葉酸がたくさん必要な妊娠中、授乳中も安心です。

 

葉酸は妊娠中だけでなく妊娠前にも400μg摂っておいた方が良いとされているので
妊娠を望む女性は、妊活中から葉酸を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

安くて栄養素豊富なAFC葉酸サプリをチェックする