妊娠初期 葉酸

MENU

妊娠初期に葉酸を摂取しないとダメ!?葉酸を取らないと危険な理由

妊娠初期には葉酸が必要だと言われています。妊婦さんに向けて葉酸の摂取を呼びかける運動は年々広まっていますが、妊娠して初めて葉酸の必要性を知るという人も多いのではないでしょうか。

 

葉酸は胎児の神経系や脳の発達にとても大切な役割を果たしています。妊娠中に葉酸が不足してしまうと、神経管欠損症など赤ちゃんの奇形や先天性障害を持って生まれてしまう危険性があるのです。

 

神経管というのは脳や脊髄などを作るときに大事な細胞の集まりの事で妊娠初期に出来上がります。妊娠初期に葉酸の摂取が必要なのはそのためです。

 

葉酸が足りないために引き起こることがあると考えられている無脳症は、脳の形成が完全なものではなくなってしまうことで、流産死産につながってしまいます。

 

妊娠してからよりも妊娠前から葉酸を積極的に摂っておくことが大切だとされています。

 

胎児の為だけでなく妊娠中のママにも必要な葉酸

葉酸は妊娠中の貧血になりやすいママの体にとっても必要です。

 

葉酸が不足してしまうと、血液が作られにくくなるので心血管系疾患や貧血になりやすくなり、さらにひどくなると免疫機能減衰や消化機能異常を引き起こしてしまいます。

 

一般的に葉酸は一日400μg必要と言われています。特に妊娠1ヶ月前〜妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が重要なので、妊娠する前から葉酸を積極的に摂れると良いですよね。

 

葉酸は食べ物で摂ることもできますが毎日必要量を食べ物で摂るのは大変なので、葉酸サプリを利用するのも安心して妊活・妊娠中を過ごすのにおすすめです。

 

妊娠初期にピッタリ♪コスパ抜群のAFC葉酸サプリの口コミをチェック!